Microsoft社よりセキュリティ情報公開(2014年5月公開分)

2014.05.14

2014年5月14日、以下のマイクロソフト社製品の脆弱性が発表されました。

 

・Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)(MS14-021)

※2014年5月2日定例外としてリリース

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-021

最大深刻度:[緊急]

・Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2962482)(MS14-029)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-029

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft SharePoint Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2952166)(MS14-022)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-022

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2961037)(MS14-023)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-023

最大深刻度:[重要]

・グループ ポリシー基本設定の脆弱性により、特権が昇格される (2962486)(MS14-025)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-025

最大深刻度:[重要]

・.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される (2958732)(MS14-026)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-026

最大深刻度:[重要]

・Windows シェル ハンドラーの脆弱性により、特権が昇格される (2962488)(MS14-027)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-027

最大深刻度:[重要]

・iSCSI の脆弱性により、サービス拒否が起こる (2962485)(MS14-028)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-028

最大深刻度:[重要]

・Microsoft コモン コントロールの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (2961033)(MS14-024)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-024

最大深刻度:[重要]