Microsoft社よりセキュリティ情報公開(2015年2月公開分)

2015.02.11

2015年2月11日、以下のマイクロソフト社製品の脆弱性が発表されました。

 

Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (3034682)(MS15-009)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-009

最大深刻度:[緊急]

Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (3036220)(MS15-010)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-010

最大深刻度:[緊急]

グループ ポリシーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (3000483)(MS15-011)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-011

最大深刻度:[緊急]

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3032328)(MS15-012)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-012

最大深刻度:[重要]

Microsoft Office の脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (3033857)(MS15-013)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-013

最大深刻度:[重要]

グループ ポリシーの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (3004361)(MS15-014)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-014

最大深刻度:[重要]

Microsoft Windows の脆弱性により、特権が昇格される (3031432)(MS15-015)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-015

最大深刻度:[重要]

Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性により、情報の漏えいが起こる (3029944)(MS15-016)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-016

最大深刻度:[重要]

Virtual Machine Manager の脆弱性により、特権が昇格される (3035898)(MS15-017)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms15-017

最大深刻度:[重要]