Microsoft社よりセキュリティ情報公開(2014年12月公開分)

2014.12.10

2014年12月10日、以下のマイクロソフト社製品の脆弱性が発表されました。

 

・Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3008923)(MS14-080)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-080

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft Word および Microsoft Office Web Apps の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3017301)(MS14-081)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-081

最大深刻度:[緊急]

・VBScript スクリプト エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される (3016711)(MS14-084)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-084

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft Exchange Server の脆弱性により、特権が昇格される (3009712)(MS14-075)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-075

最大深刻度:[重要]

・Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3017349)(MS14-082)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-082

最大深刻度:[重要]

・Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3017347)(MS14-083)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-083

最大深刻度:[重要]

・Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性により、情報の漏えいが起こる (3013126)(MS14-085)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-085

最大深刻度:[重要]