Microsoft社よりセキュリティ情報公開(2014年11月公開分)

2014.11.12

2014年11月12日、以下のマイクロソフト社製品の脆弱性が発表されました。

 

・Windows OLE の脆弱性により、リモート コードが実行される (3011443)(MS14-064)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-064

最大深刻度:[緊急]

・Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3003057)(MS14-065)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-065

最大深刻度:[緊急]

・Schannel の脆弱性によりリモートでコードが実行される (2992611)(MS14-066)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-066

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2993958)(MS14-067)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-067

最大深刻度:[緊急]

・Microsoft Office の脆弱性によりリモートでコードが実行される (3009710)(MS14-069)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-069

最大深刻度:[重要]

・TCP/IP の脆弱性により、特権が昇格される (2989935)(MS14-070)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-070

最大深刻度:[重要]

・Windows オーディオ サービスの脆弱性により、特権が昇格される (3005607)(MS14-071)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-071

最大深刻度:[重要]

・.NET Framework の脆弱性により、特権が昇格される (3005210)(MS14-072)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-072

最大深刻度:[重要]

・Microsoft SharePoint Foundation の脆弱性により、特権が昇格される (3000431)(MS14-073)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-073

最大深刻度:[重要]

・リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (3003743)(MS14-074)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-074

最大深刻度:[重要]

・インターネット インフォメーション サービス (IIS) の脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (2982998)(MS14-076)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-076

最大深刻度:[重要]

・Active Directory フェデレーション サービスの脆弱性により、情報漏えいが起こる (3003381)(MS14-077)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-077

最大深刻度:[重要]

・IME (日本語版) の脆弱性により、特権が昇格される (2992719)(MS14-078)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-078

最大深刻度:[警告]

・カーネルモード ドライバーの脆弱性により、サービス拒否が起こる (3002885)(MS14-079)

https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-079

最大深刻度:[警告]